カビ除去

畳のカビは除去した後の乾燥が大事

畳に生えたカビを除去する場合、塩素系漂白剤を使って除去するのが、一番コストパフォーマンスも良く、手軽な方法かと思います。

まずカビが生えた部分の全ての家具を移動して、一度にカビを全て除去することがポイントです。カビは胞子が部屋の空気に舞って広がって増えるので、少しでもカビの部分を残しておくと、いたちごっこになってしまうことも…。

カビ胞子を部屋から追い出すためと、塩素系漂白剤から発生する塩素を吸入しないように、部屋の窓を開け、マスクをします。

カビを拭き取るための洗剤液は、塩素系漂白剤と水を1:1の割合で混ぜたものを使います。

洗剤液をバケツや洗面器などに作り、雑巾をひたしてしぼったもので拭き取っていきます。

カビも青カビや黒カビなど、種類がありますが、特に黒カビによって出来た黒ずみを漂白するのに、この方法は効果的です。

畳がまだ新しい青畳の場合、カビが生えやすく、また塩素系漂白剤ではせっかくの緑色が黄ばんでしまうこともありますので、洗剤液をもっと薄めたものを使い、あらかじめ目立たない部分の青畳に塗ってみて、変色が激しいようでしたら、畳のカビ取り専用の洗剤をDIY用品大型店で購入されることをおすすめします。

また新しい青畳はカビが生えやすいので、カビ防止薬剤を仕上げに塗るのもおすすめです。

拭き取りが済んだら、畳を「よく乾燥させてから」家具をもとに戻します。

この「乾燥させる」という一手間をおろそかにすると、湿気でカビが再発生しますのでご注意を。