カビ除去

加湿器の内部にカビがあると部屋中に胞子が広がります

加湿器も放っておくとカビが生えてしまう事があります。万が一カビが生えたまま使い続けると、カビの胞子を含んだ水蒸気を噴射するために健康上も好ましくありません。

定期的に加湿器を分解して掃除をするとともに、カビを発見した場合はカビ除去を行う事が必要となります。

まず、加湿器で分解できる部分はすべて分解します。洗える部品は洗い、洗う事が難しい部分はエタノールをしみ込ませた雑巾で拭き取りましょう。

次に、本体のカビ除去に関してですが、まずクエン酸水溶液をタンクに入れます。そして、加湿器を通常通り運転します。1~2時間程運転を続ければタンク内のカルキと一緒にカビも取れているはずですから、清潔な雑巾で拭き取りましょう。

クエン酸溶液を抜いたら、綺麗な水で再び加湿運転をします。これでタンク内のカビも綺麗にとれるはずですから、すべての作業が終わったら乾いた雑巾で綺麗にふき、エタノールを吹き付けます。

そして、風通しの良い所で完全に乾かしましょう。乾かさずにおくと、万が一カビ胞子が残っていた場合に、再び繁殖する可能性がありますのでしっかり水分を飛ばす事が大切となります。

乾燥する季節は、加湿器があると便利ですが、カビが発生しては健康にも良くありませんので、定期的にメンテナンスを行いましょう。