カビ除去

下駄箱を痛めずにカビを除去するには粉末酸素系漂白剤とエタノール



オシャレは足元からと言いますが、大切な靴を収納する下駄箱に梅雨のジメジメでカビが生えてしまったり、カビ臭さが気になったりすることがあると思います。何も対策をせずに下駄箱を使い続けると、靴にもカビやカビ臭さが移りますから、しっかりカビ対策をしないと折角のオシャレも台無しになってしまいます。

まず、生えてしまったカビをどう除去するか考えなくてはいけません。下駄箱は水洗いをすることはできませんし、下駄箱を痛めてしまうことを考えると塩素系のカビ取り剤を使うのは推奨できません。

そこでお薦めなのは、掃除の万能選手、重曹と粉末の酸素系漂白剤とエタノールです。使い方はとても簡単なので初めての方でも容易にカビの除去ができます。

準備するもの

  • 重曹
  • 粉末の酸素系漂白剤
  • エタノール
  • マスク(カビを吸い込まないため)
  • 50度のお湯
  • ビニール手袋(手荒れを防ぐため)

まず、50度程度のお湯に粉末の酸素系漂白剤を溶かして漂白ペーストを作ります。粉末の酸素系漂白剤は溶けにくいのですがお湯だと溶けやすく効果を上げることが出来ます。

それから、漂白ペーストにすることで流れ落ちることもなくカビのある箇所にしっかりと働きかけることが出来るので使いやすいと思います。

粉末の酸素系漂白剤は溶けると泡がブクブク出てきますが、これが殺菌作用がある状態なので素早くカビがある部分に塗りましょう。広範囲の場合は、泡が消えないように塗れる量で小まめに漂白ペーストを作るようにしましょう。

乾燥するまで放置したら、いらなくなった歯ブラシなどで漂白ペーストを剥がします。その後、固く絞った雑巾で拭き取れば見えるカビの除去は完了です。

次にエタノールを染み込ませた布で下駄箱の中を拭きます。カビは胞子になり下駄箱の中を浮遊している可能性が高いので、エタノールで消毒すると再発を防ぐことが出来るでしょう。

カビの除去が終わったら換気を良くして完全に乾燥させます。乾燥をしっかりさせないと再発の可能性があるので、カビが好む湿気をなくすことが大切です。

粉末の酸素系漂白剤とエタノールでも色落ちをすることがありますので、最初に目立たないところでテストしてみると良いと思います。

最後に小さな入れ物に重層を入れて下駄箱に入れておくと消臭効果があります。お弁当のおかずに使うような入れ物で良いので小さくて邪魔にならない箱のほうが良いと思います。重層と空気が触れる面が多いほど消臭効果が高まるので、平たい容器があれば尚良いでしょう。

カビの大好物は湿気なので、カビを除去した後は生活スタイルを改めて、靴を保管する際には履いたばかりの靴や濡れた靴はすぐに下駄箱に入れないようにしましょう。一晩しっかり乾かしてから下駄箱に入れるだけでかなり違います。また、しばらく履かない場合は靴の中に乾燥剤を忍ばせておきましょう。

お気に入りの靴を長く履くためにも下駄箱にカビが生えないようにカビ対策を行い、快適な生活を送りましょう。