カビ除去

個人でするアコンのカビ除去は手間を惜しまない方でないと厳しいです

エアコンの吹き出し口から出てくる空気が何となくカビ臭くなってきたら要注意です。内部がカビでいっぱいの可能性が高いです。また、カビ臭くなくてもカバーを外してみるとカビだらけになっていることもあります。

エアコンは運転しているときには送風だけではなく内部の部品が冷たくなります。この冷たくなった部品に湿度のある空気がふれると結露が生まれます。これは、夏に氷を入れたグラスを置いておくと水滴が付くのと同じ原理です。

通常はこの結露で出た水分はドレンホースを伝わり室外に排出されるのですが、長時間の使用や長年の使用で、結露部分にカビが繁殖したり白いヌメリができることがあります。これもキッチンの水が溜まりやすい場所などにできるのと同じことで、水回りにはある程度しかたがないことでしょうね。

このカビやヌメリを放置しておくと、カビが大量にできる原因になるので小まめに掃除する方が良いと思います。でも、発生してしまったら何とかするしかありません。カビが発生した状態のエアコンは、部屋にカビを撒き散らしているのと変わらないからです。

エアコン清掃業者さんに頼まずに、自身でエアコンのカビ掃除をする場合には出来るだけエアコンを分解します。カバーを空けたらネジを外す全面のパーツがありますが、これを外せないようなら業者さんに頼んだ方が無難だと思います。

ある程度分解しないと内部のカビを除去できませんし、外側からカビ除去のスプレーを吹き付けるだけでは効果が薄い上に薬剤をエアコンに残してしまうことになります。そうなると薬剤が空気中に散らばることになるので、健康的に良くないと思うからです。

エアコンを掃除するのに必要な事柄で、全てが出来ないようなら業者さんに頼むことを考えた方が無難ですので参考にして下さい。
・電気系統が水に濡れないように絶縁テープとポリ袋等でカバーできる。
・壁と床を完全に養生して防水カバーする。
・洗浄中に落ちてくる水をビニールなどで受け止める。
・機械の仕組みを理解できる方である。

エアコンの掃除はそれほど難しくありませんが、機械の仕組みを考えて掃除することになるので苦手な方には不向きな掃除です。まず、自身で出来そうかを判断してから取り組んで下さい。

また、構造上、内部の方に出来たカビは完全には取りきれない可能性があることも覚えておきましょう。エアコンに限らず、カビは繁殖して増える前に除去することがとても大切です。

エアコンのカビ除去手順
・準備する物
ブルーシート・ガムテープ・絶縁ビニールテープ・ゴミ袋・ブラシ・エアコン洗浄剤・バケツ・雑巾・新聞紙・綿棒・電池式噴霧器またはペットボトル専用加圧式スプレー・スプレー容器など

・エアコンの外側、壁をかなり広範囲に養生する。
・エアコンのカバーを外す。
・エアコンの電気基盤部分を完全に養生する。
・エアコン洗浄剤の使い方に沿って洗浄する。
・電池式噴霧器またはペットボトル専用加圧式スプレーで水が透明になるまで水を十分かける。(この時に水が飛び散ります)
・エアコンを組み立てる。
・エアコンの吹き出し口を雑巾で養生する。
・エアコンを2~3時間動かす。(エアコンの送風と一緒に水分が飛び散ります)
・終了

と、順番にしっかりとしていけば出来ますが、手間を惜しまない方に向いた事だと思います。自身で行っても業者さんに頼んでも構いませんが、エアコンのカビは部屋中に巻き散り健康によくありませんので、早めに除去するようにしましょう。